<% if:blog.has_foaf -%> <% /if -%>

JINROKU手帳

一人旅、蕎麦好きのブログ
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 西安 1日目(2) | main | 鈴蘭水仙 >>
# 西安 1日目(1)
なぜ初めての中国旅行で香港や上海ではなく
西安を選んだのか。

それは、井上靖氏の『敦煌』『楼蘭』『蒼き狼』といった小説の影響による。

小説を読むうち、物語の中で描かれる
中国西域のエキゾチックな雰囲気に強烈に憧れるようになった。
料理、信教、服装、顔立ち…何から何までが
入り交じった文化を持っている。
異民族がシルクロードを行ったり来たりしている内に
中継地点である中国西域で血が混ざり、文化も混じったそうだ。

新疆ウイグルは正にそれであるが、
なんとなーく旅の上級者向けのような気がした。
そこで、有名な観光地である西安を選んだ。
回族(イスラム教徒)やウイグル族もいるし、
玄奘三蔵の発った、シルクロードの起点なのである。

しかしながら、旅行への不安はあった。
何と言っても、あの中国である。
正直、行く前からあまり印象は良くない。
嫌なことがあったりして拒否反応が出てしまえば
中国とは一生オサラバだな、
とパッチテストのような気持ちで臨んだ旅行であった。


- - -


そんなこんなで、中部空港から上海を経由し、西安へ。

上海乗り換えがくせ者だった。
上海空港で職員に案内され、入国審査、手荷物検査を受ける。
そしてまた飛行機に戻る。
乗り継ぎ時間数十分でやるのである。
もちろん搭乗時間には間に合わない。
たった数人の乗り継ぎ客のための遅延。
きっとこれを毎日繰り返してるんだろうなぁ。

2時間ほどで西安着。


西安空港の電光掲示板に新疆ウイグルの烏魯木齊(ウルムチ)の文字が。
これだけでテンションが上がる。
中国に来たんだなぁと実感。


つづく
| comments(0) | trackbacks(0) | 18:00 | category: 中国 |
# スポンサーサイト
| - | - | 18:00 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
profile
じんろくはひいじいさんの名前です
Categories
Sponsored Links